美活動

年間2千人以上のデリケートゾーンを施術する脱毛サロンが発信する人には聞けない美のリアル情報

アソコを傷めない石鹸を選ぶ2つのポイントと効果的な洗い方

   

一生使えるデリケートゾーンを傷めないせっけんを選ぶ二大ポイントと効果的な洗い方皆さん、こんにちは!美活動編集長のAsamiです。

今回はデリケートゾーンのケアに必須の内容です。

女子ならきになるのが、デリケートゾーンってどうやって洗ったりすればいいのかな?ということ。

これまでのボディーソープの見方がガラッと変わりますから、ぜひご覧くださいね。

それでは、デリケートゾーンを洗うのに最適な石鹸をご紹介します♪

ポイント1:合成界面活性剤が入っていないものを選ぶ

ポイントの1つ目は、『合成界面活性剤』が入っていないものを選ぶことです。
肌や粘膜が傷つく大きな原因の1つが「合成界面活性剤」なのです。
それでは、この合成界面活性剤は具体的にどのような悪さを働くのでしょうか。

・合成界面活性剤はこんな悪さを働く!

そもそも合成界面活性剤とは、水と油を混ぜる薬品のことです。これはボディーソープだけでなく、食器用洗剤でも使われています。例えば、頑固な油汚れが食器用洗剤を使うことでキレイに落ちますよね?あれは合成界面活性剤で油汚れを水に混ぜているからキレイに落ちるのです。

同様に、皮膚についた汚れも油成分のものがあります。ですから、合成界面活性剤の洗剤で洗うと汚れは落ちます。しかし、皮膚の潤いを保つために必要な皮脂まで一緒に流してしまったり、粘膜を傷つけてしまうのです。

とても敏感なデリケートゾーンには、こういった理由から合成界面活性剤が入った石鹸はおすすめできません。

さて、合成界面活性剤が入っている石鹸とそうでない石鹸の見分け方ですが、成分表を見るときに以下の表記が無いことを確認しましょう。

『POER、POEP、LAS、AES、AS』

これらの表記があった場合は合成界面活性剤が入っておりますので購入を控えましょう。

ポイント2:弱酸性や弱アルカリ性の石鹸も成分表をチェック

昔からボディーソープのCMでは、弱酸性がよいと言われてきました。

確かに弱酸性は肌に与えるダメージが少ないです。しかし、最近の安い弱酸性洗剤は、合成界面活性剤を使用しています。そのため、弱酸性を謳っているボディーソープでも肌や粘膜に大ダメージを与えるのです。

逆に、弱アルカリ性を使うと、弱酸性の洗剤に比べて汚れはよく落ちます。ただこれも同様の理由で肌や粘膜にダメージを与えてしまいます。
ですから、CMの宣伝文句を鵜呑みにせず、自分で成分表をチェックする習慣を身につけましょう。

デリケートゾーンを1番傷めないのは無添加せっけん

以上のポイントを元にデリケートゾーンを1番傷めないせっけんを考えてみます。
すると、やはりオススメなのは『無添加せっけん』です。そもそも無添加せっけんとはどういうものを指すのかご存知でしょうか?

無添加せっけんとは?

無添加せっけんとは、「純粋にせっけん成分だけの石鹸」のことを指します。「無添加」という文字から、「香料や着色料が入っていないせっけん」と誤解する人もいますが、そうではありません。これらの添加物が入っていなくても、合成界面活性剤が入っているせっけんが存在します。

無添加せっけんの種類

それでは、そんな無添加せっけんにはどんな種類があるのでしょうか。。
最も手頃な無添加せっけんは、「シャボン玉せっけん」です。

シャボン玉石鹸

せっけん界の老舗と言える企業で、せっけん以外にも歯磨き粉や食器用洗剤など手がけています。そんなシャボン玉せっけんの価格は一般的な固形せっけんで900円弱。非常にお手頃です。

他にも素材に拘った様々な無添加せっけんがありますが、価格はピンきりです。中には1万円弱するものまで!

無添加せっけんには数多くの種類がありますが、個人的には「シャボン玉せっけん」で大丈夫かと思います。

またデリケートゾーン専用の石鹸も内容成分にこだわりがあり、女性の局部に使用されていいように成分が配合されておりますので強くオススメできます。

無添加せっけんを使った効果的な洗い方

それでは最後に無添加せっけんを使った効果的な洗い方をご紹介します。
まずは絶対に外せないポイントは、『シャワーやせっけんを直接肌に使ってはいけない』ということ!
また、必ず泡立てた泡を使いましょう。さらに、洗浄は『指の腹』でおこなってくださいね!

洗う方向は陰部の前面から始めて、肛門までです。

まず、陰毛は手のひらで回しながら押すよう洗います。

この時に陰毛が自然に向けると思います。これはみんな抜けることなのでご安心くださいね。

大陰唇や小陰唇の溝に恥垢などが溜まるので、特に入念に洗ってくださいね。
形状的にシャワーをかけただけでは決して落ちませんから、必ず指の腹で洗う必要があります。
放っておくと病気の原因になりますから、気をつけましょう!

まとめ

いかがでしたか?
デリケートゾーンを傷めないせっけんを選ぶコツと効果的な洗い方をご紹介しました。
どれもすぐには覚えられないものだと思いますから、ドラッグストアでボディーソープの成分表を見ながら、
こちらの記事を参照してみてくださいね。

 - コンプレックス, デリケートゾーン, ヘルス, ボディ

もしあなたが今すぐ美女力をUPしたいならば・・・

世界の美しい女性が必ずやっていること、それはアンダーヘアの処理です。

大切な部位をキレイに整えると、運気も女子力もダブルでUPします。


これはアンダーヘアを整えることで不快なニオイやムレがなくなり清潔になるからです。愛され女性で下着からヘアがハミ出している人はいません。

《東京で口コミNo.1》ブラジリアンワックス脱毛サロンIbiza Waxでは現在、SEXY女性の定番【VIOオール脱毛】を初回5500円でキャンペーン中です。

是非一度お試し下さい。

東京No.1ブラジリアンワックスIbiza Wax

  関連記事

girl-1154734_960_720
水着を着る前に知っておきたい 身体の黒ずみが目立つ要注意ポイントはどこ?

お肌のケアのなかでも、気が付いたときにはかなり進行してしまっているのが黒ずみ。肌 …

気になるデリケートゾーンの臭い 3つの理由と対策法

デリケートゾーンのケアが常識になりつつある今、続々と専用ソープなども発売されてい …

【5記事目】妊娠線の原因と2つの予防策
妊娠線の原因と2つの予防策

今回は妊婦さんの悩みの種である妊娠線の予防策についてご紹介します。 予防策といっ …

wedding
結婚式前に大失敗する女性続出!背中の脱毛で絶対注意したい8つのこと。

当社が運営するブラジリアンワックス脱毛サロンIbizaWaxにも、頻繁に頂く脱毛 …

a0b39cd7a6b25bded195e16b408a273f_m
【効果実感】デリケートゾーンの悪臭を取る4つの方法

皆さん、こんにちは。 女性として、気になるのがアソコの臭いですよね。 綺麗洗って …

【10記事目】産後のケアで変わる、陰部の黒ずみケア方法
産後のケアで変わる、陰部の黒ずみケア方法

出産を経て、陰部を見てみると妊娠前よりも黒ずんでびっくりしてしまったという方は意 …

nioi
《危険信号!?》デリケートゾーンが臭くなる5つの原因と解決法!

「彼が何故かアソコを愛してくれない」「トイレでパンツを下ろしたら不快な臭がした」 …

二の腕
正中線を簡単に消す方法とは

今回は正中線を簡単に消す方法についてご紹介します。 正中線は妊娠すると、濃さが目 …

woman shave her crotch
ムダ毛処理にカミソリを使わってはいけない3つの理由!

ムダ毛を自己処理する方法にはさまざまなものがありますよね。 その中でも安価で簡単 …

デリケートゾーンが生まれ変わる洗い方とケア方法3選
デリケートゾーンが生まれ変わる洗い方とケア方法3選

デリケートゾーンが痒い・臭いという悩みはありませんか?これは恥ずかしいことではな …