美活動

年間2千人以上のデリケートゾーンを施術する脱毛サロンが発信する人には聞けない美のリアル情報

妊娠線の原因と2つの予防策

      2016/01/29

今回は妊婦さんの悩みの種である妊娠線の予防策についてご紹介します。
予防策といっても、代表的な方法は2つに絞られます。これらをきちんと守れば、妊娠線は防ぐことができるでしょう。まずは妊娠線について正確な知識をおさらいしておきましょう。

1.妊娠線とは

1−1.妊娠線とは肉離れ?

まず妊娠線とは、肉離れの一種であることをご存知でしょうか。よく間違われることの多い正中線は人の身体にもともとある無害な模様のようなものです。一方で妊娠線とは皮下脂肪が裂けてしまったことでできた線です。ですから、痛みやかゆみがありますし、傷跡は一生消えません。現状のところ美容外科手術などで強制的に消す以外に方法が無いようです。

1−2.妊娠線はどこにできる?

妊娠線はお腹にできるイメージがあるかもしれませんが、実は全身にできる可能性があるのです。場合によっては胸に妊娠線ができてしまうケースもあります。また、ケアを忘れがちな太ももなどご自身の背面にあたる部位はご自身でも確認することが難しく、「気づいたら妊娠線ができていた」というケースが少なくありません。そうならないためにも、妊娠線ができる原因について理解しておきましょう。

2.妊娠線ができる原因

2−1.体型変化

妊娠線ができる原因は、体型変化にあります。妊娠をすれば当然のことながらお腹は大きくなりますよね。それにともなって、お腹の皮膚は柔軟性があるため伸びてくれます。しかし、その下にある皮下脂肪に関しては体型変化についていけず裂けてしまうことがあるのです。ですから、内出血のように赤紫色の線ができあがるのです。また、線の下は裂けているわけですから、触ると凸凹している場合があります。

2ー2.皮下脂肪の硬直

また、体型変化が起きたとしても、皮下脂肪にある程度の柔軟性があれば裂けることはありません。皮下脂肪の柔軟性とは運動やマッサージによって得られます。妊娠期間中は運動することをむしろ止める傾向にありますから、硬直するのも無理はありません。

3.妊娠線の予防策

3−1.緩やかな体重増加

まずは直接の原因となっている急激な体重増加を止めることが必要です。妊娠や出産に伴って体重を増やすことは良いこととされています。しかし、だいたい8キロ〜10キロの増加が望ましいため、それ以上の体重増加は緩やかだったとしても好ましくないと言えるでしょう。8キロ〜10キロの体重増加を妊娠がわかった段階で緩やかにおこなっていきます。

3−2.クリームを使ったマッサージ

次に、皮下脂肪の硬直を防ぐために、お風呂あがりのマッサージを定期的におこなっていきましょう。保湿クリームを使って、全身のマッサージをしていきます。この時、背面や妊娠後期の下腹部などはとても一人ではマッサージすることができません。旦那さんなど家族の方に協力してもらうと良いでしょう。効果を高めるために、マッサージ方法について正しいやり方を学びましょう。

4.予防におすすめのマッサージ方法

4−1.マッサージの概要

今回はマッサージオイルを使った方法をご紹介します。
あまり細かいポイントまで指定するとやりづらいと方もいると思いますので、概要と詳細を分けてご紹介させていただきます。まず、概要は以下の通りです。

1.オイルを手にとって温める。おへそを中心に円を描くようになじませる。時計回りと反時計周りの計2回。
2.足のつけ根部分を上下になでていく(左右両方)
3.気になる部分をらせん状にマッサージする
4.下腹部をハートを描くようになでる

こういう感じです。ポイントは、「オイルを温めてから使う」ということと、「円を描くようになでる」ということですね。ゴシゴシと摩擦を加えるようななで方はNGです!

4−2.マッサージの詳細

続いて、細かい方法も含めた内容になります。

1.オイルを手の平に取ります。プッシュ式のオイルでは、だいたい2プッシュくらいで適量になるケースが多いでしょう。

2.オイルを体温で温めます。温め方はオイルを手のひらに置いた状態で手のひら同士を合わせて数秒待ちます。温めると、オイルの浸透力が高くなります。

3.右手をお腹につけましょう。おへそを中心に円を描くようにお腹全体に広げるようになでていきます。

4.左手も同様にお腹につけて、なでていきます。

5.オイルをもう1プッシュを手にとりましょう。次は下腹部のケアです。お腹の横から下に向って、円を描きながら塗っていきます。これを上から下まで3回繰り返します。

6.両手で脇腹からおへその下までオイルを伸ばします。

7.両手でおへその下から外周りに円を描きます。右手と左手が合わさったらそのまま真下に下ろします。手の軌道はハートマークになるようなイメージです。

8.オイルは手に余ると思います。余ったオイルは、背中から腰あたりに上下に塗っていきます。

まとめ

いかがでしたか?
妊娠線を予防するには、適切なマッサージを継続的にすることが大切です。
手順で見てみると、やることがたくさんありそうに思えますが、慣れてしまえば簡単にできます。
ぜひ実践をしてみてくださいね!

 - コンプレックス, ボディ

もしあなたが今すぐ美女力をUPしたいならば・・・

世界の美しい女性が必ずやっていること、それはアンダーヘアの処理です。

大切な部位をキレイに整えると、運気も女子力もダブルでUPします。


これはアンダーヘアを整えることで不快なニオイやムレがなくなり清潔になるからです。愛され女性で下着からヘアがハミ出している人はいません。

《東京で口コミNo.1》ブラジリアンワックス脱毛サロンIbiza Waxでは現在、SEXY女性の定番【VIOオール脱毛】を初回5500円でキャンペーン中です。

是非一度お試し下さい。

東京No.1ブラジリアンワックスIbiza Wax

  関連記事

wedding
結婚式前に大失敗する女性続出!背中の脱毛で絶対注意したい8つのこと。

当社が運営するブラジリアンワックス脱毛サロンIbizaWaxにも、頻繁に頂く脱毛 …

Vライン黒ずみ
陰部の黒ずみ5つの原因と解消法

実は、最近人気のVラインの脱毛ですが、アンダーヘアを処理している美意識の高い女子 …

woman in panties holding her crotch
デリケートゾーンにニキビ!3つの原因と改善方法!

皆さん、こんにちは。 今回はデリケートゾーンにできるニキビの対処方法です。 当ブ …

デリケートゾーンの肌荒れの原因とケア方法
デリケートゾーンの肌荒れの原因とケア方法

今回はデリケートゾーンの肌荒れ原因とケア方法についてまとめました。デリケートゾー …

産後、お腹にできる黒ずみの原因と対策方法
産後、お腹にできる黒ずみの原因と対策方法

「妊娠中からなんだか体のあちこちが黒ずんできた・・・」 ある程度は産後に黒ずみが …

【13記事目】産後がチャンス!産後にオススメの美肌ケアの方法と化粧品とは?
産後がチャンス!産後にオススメの美肌ケアの方法と化粧品とは?

産後は体調が大きく変わる時期です。妊娠を経て、ホルモンバランスも大きく変わってい …

30代からのデリケートゾーンの痒み!その原因と対策4つ
30代からのデリケートゾーンの痒み!その原因と対策4つ

今回は30代から特に気になるデリケートゾーンの痒みについて取り扱います。 この時 …

二の腕
二の腕のブツブツを改善する方法とは?

皆さん、こんにちは。 夏になるときになるのが二の腕のブツブツですよね。せっかく可 …

二の腕
正中線を簡単に消す方法とは

今回は正中線を簡単に消す方法についてご紹介します。 正中線は妊娠すると、濃さが目 …

【11記事目】母乳が沢山でる食事法とやってはいけない事。
母乳が沢山でる食事法とやってはいけない事。

赤ちゃんには栄養のある母乳をたくさん飲ませて、早く大きくなって欲しいですよね。考 …