美活動

年間2千人以上のデリケートゾーンを施術する脱毛サロンが発信する人には聞けない美のリアル情報

ムダ毛処理にカミソリを使わってはいけない3つの理由!

      2015/11/27

woman shave her crotchムダ毛を自己処理する方法にはさまざまなものがありますよね。

その中でも安価で簡単にできる方法は、カミソリを使ったものです。

しかし、カミソリを使った自己処理は絶対にオススメできません!

皮膚を傷つけるだけでなく、あなたのキレイな肌を劣化させる危険性がありますから要注意です。

正しい知識を身につけて、当記事でおすすめする方法でムダ毛処理をしましょう!

カミソリがNGな理由

1.キレイに剃れない

2.皮膚が劣化する

3.処理が何度も必要

1.キレイに剃れない

まずは、カミソリだとキレイに剃れないためにおすすめできません。
カミソリで剃ったあとは、無数のキズがついてしまっているため、肌に透明感が出ません。

それにカミソリで剃った毛の断面は広くなるため、うっすらと黒い斑点ができてしまいます。
これも一見してツルツルな断面にならない理由です。
キレイに剃るためには、きちんと前後のメンテナンスが必要ですから、入浴のついでというわけにはいきません。
この時点でもうカミソリ特有のお手軽さは無くなってしまいます。

2.皮膚が劣化する

カミソリで剃っていると皮膚が劣化します。
カミソリの場合、毛だけでなく実は角質も削ってしまっているのです。

角質は本来皮膚の潤いを保ち、乾燥を防ぐ役割を果たしています。
さらに、肌を病原菌から守る作用もあります。

そのため、カミソリで剃毛を続けていると皮膚から潤いが減り、ニキビなどの雑菌が繁殖することで起きる
皮膚疾患の原因を生んでしまうのです。

おまけに皮膚はダメージを受けたと考えると、防衛のためにメラニン色素を体内から集めます。
メラニン色素が沈着すると、その部位は黒ずみますので、カミソリを使い続けると、
皮膚が黒ずむということが起きてしまうのです。
さらにさらに、逆さ剃りなどを続けると毛穴を押し広げることになります。
これによって、毛穴が隆起するようになり、その毛穴に角質が詰まると、「毛孔性苔癬」(もうこうせいたいせん)という黒いボツボツができてしまいます。

3.処理を何度もしないといけない

カミソリで剃ったとしても、すぐ下に新しい毛が生えつつあります。
その毛がすぐに生えてきてしまうのです。

さらに、埋没毛を生んでしまいます。
埋没毛とは、皮膚の中に生えてしまう毛のことです。

カミソリで剃った毛先は鋭利なので、生えている途中で毛穴の中にひっかかります。
ひっかかったところを起点として、あらぬ方向に毛が伸びます。

さらに、かさぶたが毛の正常な通り道を塞いでしまいます。
その結果、毛が埋没してしまうのです。
それでは代わりにどんな方法でムダ毛の処理をすればよいのでしょうか?
オススメなのが、脱毛という選択肢です。

オススメはプロによる脱毛サロン

そもそも脱毛という言葉の定義は、毛を剃ることではありません。
次回から毛が生えてこないように施術することです。
脱毛にもいろいろな種類がありますから、簡単に違いを説明します。

脱毛には大きく2つの種類があります。

1.光脱毛

2.レーザー脱毛

1.光脱毛

これはその名の通り、光を使って脱毛をする方法です。
現在の主流の脱毛方法です。脱毛効果だけでなく、毛穴を引き締める効果があります。
さらに、肌に光を当てると、コラーゲンの生成が促進されますのでお肌に良い脱毛方法と言えますね。

仕組みとしては、照射した光がムダ毛のメラニン色素に反応して発熱します。
この熱によって、毛の再生組織を破壊されるというものです。

ですから、メラニン色素の強い部分の毛しか効果が期待できません。
つまり、産毛のなどの色素の薄いところには効きづらいということです。

ただし、痛みはほとんど無く、『ゴムでパチンと叩かれる程度』という体験談が多いようです。

また、光脱毛の光は拡散するので、広範囲に一気に脱毛ができることが魅力です。
そのため、背中や脚などの大きなパーツに効果的でしょう。

エステでやってもらうことができて、値段が安いことも人気の理由のようです。

2.レーザー脱毛

レーザー脱毛の最大の特徴は、「永久脱毛」ということです。
5〜6回の施術で済み、その後は継続して通う必要がありません。

ただし、光脱毛と違って出力の高いレーザーを使うので痛みを伴う可能性があります。
多くの機関では痛みを軽減するために麻酔の使用がされることが多いです。

また、レーザー脱毛で使用されるレーザーを使用するには資格が必要なため、
サロンでは行うことができません。レーザー脱毛は医療従事者しか扱えませんので、1回にかかる費用も光脱毛より割高になります。
両者の違いですが、やはり主流の光脱毛の方が痛みが少ないことと割安なことから人気なようですね。
脚や腕のムダ毛を処理したいという人が多いようで、広範囲に一度に効かせることができる光脱毛なら少ない施術で効果が実感できるようです。

さらに、ムダ毛の処理は通年必要という感覚から、夏季だけでいいと捉える人が増えているらしく、
そう考えると永久脱毛のレーザー脱毛ではなく、半永久脱毛の光脱毛でも十分ということですね。

まとめ

いかがでしたか?
ムダ毛処理にカミソリを使うのは肌を痛めるのでNGです!
今は手軽に脱毛ができる時代ですから、サロンの情報をいろいろ見てみることをおすすめします!

 - デリケートゾーン, ボディ, 脱毛

もしあなたが今すぐ美女力をUPしたいならば・・・

世界の美しい女性が必ずやっていること、それはアンダーヘアの処理です。

大切な部位をキレイに整えると、運気も女子力もダブルでUPします。


これはアンダーヘアを整えることで不快なニオイやムレがなくなり清潔になるからです。愛され女性で下着からヘアがハミ出している人はいません。

《東京で口コミNo.1》ブラジリアンワックス脱毛サロンIbiza Waxでは現在、SEXY女性の定番【VIOオール脱毛】を初回5500円でキャンペーン中です。

是非一度お試し下さい。

東京No.1ブラジリアンワックスIbiza Wax

  関連記事

ブラジリアンワックスイメージ
芸能人も撮影前に駆け込む!ブラジリアンワックス脱毛、人気の秘密は?

ここ最近、芸能人をはじめ、美意識の高い女性に手軽で、すぐにムダ毛を処理できる!肌 …

今話題のブラジリアンワックスをおうちで!失敗しないコツと
今話題のブラジリアンワックスをおうちで!失敗しないコツとは?

今回はブラジリアンワックスを自宅で完璧に行うために必要なコツを皆さんに伝授します …

デリケートゾーンにできたニキビ!3つの原因と4つの治療法
デリケートゾーンにできたニキビ!3つの原因と4つの治療法

デリケートゾーンにニキビができると驚きますよね? みっともないからすぐに治したい …

男性を喜ばせる膣トレーニングの正体と方法
男性を喜ばせる膣トレーニングの正体と方法

「膣トレーニング」を知っていますか?知れば、男性を満足させることができるばかりで …

デリケートゾーンの肌荒れの原因とケア方法
デリケートゾーンの肌荒れの原因とケア方法

今回はデリケートゾーンの肌荒れ原因とケア方法についてまとめました。デリケートゾー …

脱毛クリームのムダ毛処理能力を徹底検証!
脱毛クリームのムダ毛処理能力を徹底検証!

脱毛クリームの存在を知っていますか?実は数ある脱毛方法の中でも、「最も簡単」と評 …

フラッシュ脱毛イメージ
【光脱毛の種類を解説】フラッシュ脱毛、光脱毛、SSC脱毛、IPL脱毛等の違いとは?

  今や電車内や雑誌などで、見ない日はないくらい広告活動を行っている「 …

いきなり痒くなったデリケートゾーンの応急処置3つ。
いきなり痒くなったデリケートゾーンの応急処置3つ

今回は日中にいきなり痒くなってしまったデリケートゾーンの応急処置をご紹介します。 …

【4記事目】妊娠線と正中線の違いとは?
妊娠線と正中線の違いとは?

今回は妊娠線と正中線の違いをおさらいします。 妊婦さんの中には、妊娠に伴う身体の …

アンダーヘア
脇からデリケートゾーンの黒ずみまで!身体を美白する食品一覧

暖かくなり肌の露出が増える季節。とても気になるのが脇、ひじ、膝の黒ずみです。また …