美活動

年間2千人以上のデリケートゾーンを施術する脱毛サロンが発信する人には聞けない美のリアル情報

陰部の黒ずみ5つの原因と解消法

      2017/02/01

Vライン黒ずみ実は、最近人気のVラインの脱毛ですが、アンダーヘアを処理している美意識の高い女子の多くが悩んでいるのが

【アンダーゾーンの黒ずみ!】

なのです。

当社も脱毛サロンを運営しているのですが、VIOの脱毛を受けた後によくお客様からご相談を受けるのが、VI部の黒ずみです。

キレイにさっぱりツルツルにして鏡をみたら、自分のアンダーの黒ずみにびっくり!どうにかしたい!というご質問や、「私のアンダーの色は黒いですか?」赤裸々に聞いていらっしゃる方もいます。

年間何千人ものアンダーヘアを処理しているから、わかることなのですが、実は日本人女性の半分以上はアンダーゾーンに黒ずみがあります。しかし、とてもキレイな方もいます。本日はそのアンダーゾーンの黒ずみについてご説明します。

1.アンダーゾーンが黒くなる主な5つの原因

1-1 皮膚が薄いのでメラニン色素が出やすい

もともとアンダーゾーンは他の部位よりも皮膚が薄く弱いです。ですので刺激をうけると皮膚が自身を守ろうとして、メラニンを生成します。それを繰り返し蓄積することで黒ずんでしまうです。加齢とともにアンダーゾーンは黒くなるとも言われていますが、結局できた黒ずみをお手入れをせず蓄積され色素沈着を起こしてなかなか改善されなくなっているのです。

1-2 摩擦やズレで肌にダメージがある

激しいスポーツだけでなく、歩行などでもアンダーゾーンは摩擦を起こしています。また性行為などでも刺激を与える部分でも有ります。皮膚は刺激を与えられ、ダメージがあると肌を守るためにメラニンを出しやすくなります。ワキや足の付根も同様に皮膚と皮膚がこすれることにより、黒ずみやすい場所となっています。膝や肘などは地面や机と擦れることにより黒ずみができるのです。子供に黒ずみが無いのはこの理由です。

1-3 締め付ける下着をずっと履いている

実は、黒ずみがある人の共通点として、寝ている間も下着をつけていることがあげられます。お風呂以外は、肌に密着しているとなると1日のうち23時間はアンダーゾーンは下着で締め付けられていることになります。下着のズレや締め付けも肌にダメージを与え黒ずみの原因となります。

1-4 お手入れをしていない

顔は化粧水や乳液、パックなどでお手入れをしている方が殆どでしょう。またボディもクリームなどを塗って乾燥対策をしている方も多いと思います。しかしアンダーゾーンはいかがでしょうか?生まれてから1度もケアをしたことが無い方が殆どではないでしょうか?欧米ではアンダーゾーンのケアは大人の女性であれば当たり前のように行われています。ズレや摩擦でお肌のダメージが多いアンダーゾーンはケアをすべき大切な場所なのです。

1-5 ゴシゴシ洗っている

よくあるお手入れの間違いが、黒ずみが気になるばかりに、ボディソープなどでゴシゴシ洗ってしまうことです。皮膚の弱いアンダーゾーンは手で優しく泡立てたソープで軽く洗う程度で十分です。ナイロンタオルなどでこするのは辞めましょう。またお肌を柔らかくしようと、やたらとスクラブで刺激を与えるのもよくありません。もしボディスクラブを使いたいならば週に1,2回程度にしましょう。

2.アンダーゾーンの黒ずみを解消するために

では、アンダーゾーンの黒ずみを解消するために自宅でも出来るオススメの方法をご紹介します。

2-1 保湿をしっかり行う

ダメージを受けているお肌は乾燥しています。顔につける化粧水や乳液、クリームなど保湿性の高いものを使用し、常にお肌に十分な水分を与えましょう。

2-2 家のリラックスタイムではノーパンまたは綿パンで

外出時やデート時は可愛い下着を身に付けるのは大いに結構です。ただ家でいる時はお肌もゆっくりリラックスできるよにパンツを履かない、もしくは綿など柔らかい素材の下着を身につけましょう。

2-3 ボディブラシにこだわる

実は身体の汚れは石けんを使えばゴシゴシ洗わないでも大丈夫です。柔らかい布製のボディタオルや手で身体を洗うようにしましょう。もしそれだとスッキリしない方はデリケートゾーンだけは手で洗うようにしましょう。

2-4 デリケートゾーン専用のケア用品を購入する

実は当サロンでも開発販売しているのですが、デリケートゾーンの黒ずみケアに特化した化粧品は数は多くありませんが、ございます。メラニンの生成を抑え黒ずみを解消するだけでなく、脱毛後の肌荒れ、たまにデリケートゾーンに出来るニキビにも効果的です。また保湿効果もあります。数千円で販売されているので、アンダーゾーンの黒ずみを気にされている方は、一度試してみるといいでしょう。

現在、口コミなどでおすすめのデリケートゾーンの美白に良いと言われている商品薬用Ibizaクリーム(イビサクリーム)です。こちらの商品はメラニンの生成を細胞レベルで阻止し、綺麗なお肌へと導いてくれるトラネキサム酸が配合が配合されており、デリケートゾーンの黒ずみにも最適です。

陰部の黒ずみが気になる方は是非一度試してみることをオススメします。
黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム

まとめ

日本人の肌にある黒ずみは、目立ってしまい少し汚れて見えます。つまり美しくありません。かわいいビキニや下着を着ても、周りの視線も気になってしまいます。しかし黒ずみは適切な対応をすれば、必ず改善されます。美しいアンダーゾーンになって、愛される自信のあるボディを手に入れましょう。それにまずは保湿!そして黒ずみケアで解消しましょう。

記事更新日 2017年2月1日現在

 - コンプレックス, デリケートゾーン, ボディ, 脱毛

もしあなたが今すぐ美女力をUPしたいならば・・・

世界の美しい女性が必ずやっていること、それはアンダーヘアの処理です。

大切な部位をキレイに整えると、運気も女子力もダブルでUPします。


これはアンダーヘアを整えることで不快なニオイやムレがなくなり清潔になるからです。愛され女性で下着からヘアがハミ出している人はいません。

《東京で口コミNo.1》ブラジリアンワックス脱毛サロンIbiza Waxでは現在、SEXY女性の定番【VIOオール脱毛】を初回5500円でキャンペーン中です。

是非一度お試し下さい。

東京No.1ブラジリアンワックスIbiza Wax

  関連記事

girl-1154734_960_720
水着を着る前に知っておきたい 身体の黒ずみが目立つ要注意ポイントはどこ?

お肌のケアのなかでも、気が付いたときにはかなり進行してしまっているのが黒ずみ。肌 …

gf01a201503280100
ビキニラインの効果的な3つの脱毛方法

皆さん、こんにちは。美活動ライターのAceです。 今回はデリケートゾーンを効果的 …

冬の乾燥対策!簡単カサカサボディ対策5つ
冬の乾燥対策!簡単カサカサボディ対策5つ

冬の時期はお肌の乾燥が気になりますよね・・・普段、乾燥肌でない方もこの時期はお肌 …

デリケートゾーンの臭いの原因は○○だった!?
デリケートゾーンの臭いの原因は○○だった!?

今回はデリケートゾーンの臭いについて説明していきます。 デリケートゾーンが臭うの …

【12記事目】産後の膣トレ—ニングの方法
産後の膣トレ—ニングの方法

産後は膣の締まりが悪くなってしまったり、頻尿になってしまうケースもあります。出産 …

Photo of young slim woman in stylish lingerie
海外セレブが実践するフェミニンケアとは?!恋も仕事も運気アップする身体磨き特集♥

女の武器をお手入れすること ダイエットや美容に時間とお金をかけてきたけど、恋愛も …

【11記事目】母乳が沢山でる食事法とやってはいけない事。
母乳が沢山でる食事法とやってはいけない事。

赤ちゃんには栄養のある母乳をたくさん飲ませて、早く大きくなって欲しいですよね。考 …

【1記事目】正中線が出来る原因と3つの予防策
正中線が出来る原因と3つの予防策

今回は正中線の原因と予防策についてお話します。 妊娠するのは非常に嬉しいことです …

【2記事目】正中線を簡単に消す方法とは
妊娠したら始めたいボディケア2つの種類と方法

今回は妊娠したらぜひやりたいボディケアについてです。 妊娠といったら大変なイメー …

妊娠中、乳首や体の黒ずみについて
妊娠中、乳首や体の黒ずみについて

今回は妊娠中になぜか黒ずんでしまう乳首や体の黒ずみについて解説していきます。 黒 …